検索
  • Hirofumi Saito

ハーレー マフラーステー修理


今年もとうとう12月に突入しました。

例年通り、もう年末かーと思いながら作業しています。

今回は、ハーレーダビッドソンの社外マフラーのステーの割れ修理をさせていただきました。

大排気量のVツインエンジンで、心地よい振動が売りの車両ですが、その振動が原因となるトラブルが発生する事もあるようです。

曲げ加工されたただのステーですので、溶接で割れた部分だけを修理してしまうと再発の可能性がありますので、補強の板を追加させていただきました。

今回のようなステンレスや、鉄、アルミはすぐに修理可能できる可能性がありますので、お困りの際はいつでもご相談ください。

#TIG溶接 #一般整備

116回の閲覧
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

© 2015 third place motorcycle service