検索
  • Hirofumi Saito

DUCATI オイルサービスランプ


ここ半年くらい、土・日はイオン、アウトレット行きの連結バスが走るようになりましたが、超満員です。

当店の前の道もこの時期は大渋滞ですので、ご来店予定の方は十分お気をつけください。

昨日になりますが、DUCATI M1200のオイルサービスランプが点灯したお客様が来店されました。

このランプは初回1000km、その後15000km走行ごとに点灯する、オイル交換を促すランプです。

当店では、6ヶ月もしくは3000kmの早いほうでエンジンオイル交換をオススメしていますので、まったく違ったタイミングで点灯してしまう、ある種おせっかいな機能ですね。

このおせっかいなランプも、「TEXA」(コンピューター診断機)で消去出来ます!

ついでに、ずっと前に取り付けたETCのご紹介。

当店ではあまり汎用のアンテナステーを使用せず、都度ワンオフ作製しています。

ここだけのアップだと存在感がありますが、全体像では・・・

こんな感じで、後付感の無い感じになります。

場合によってはアンテナを隠して取り付けることも可能です。

他店では手間が掛かるので、あまり行わないであろう取付方法だと思います。

材料が端材で利用できる場合は、取り付け代プラス加工代のみで承っております。

うまくいけば、汎用のステーを使用するより安くて満足度の高いものが提供できるかもしれませんよ!

そんな感じで、本日はいつもより写真多目のご紹介でしたが、

バイクにかかわることであれば何でもご相談くださいませ。

今なら、やりたかったことが年内に間に合う可能性大ですよ!

#故障診断機TEXA #ETC #一般整備

718回の閲覧
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

© 2015 third place motorcycle service