検索
  • Hirofumi Saito

CB400S5 キャブレターオーバーホール


ホンダCB400S5のキャブレターオーバーホールです。

今回は不調のためではなく、ガソリン漏れのためのオーバーホールです。

漏れている場所はキャブレター間のフューエルパイプ部。

ここの交換作業するには、4つのキャブレターをバラバラにする必要がありますが、固着がひどく大変でした。

ガソリン漏れの主原因はこの部分のOリングの劣化です。

柔軟性がなくなっており、取り外す時には千切れてしまいました。

不調のためのオーバーホールではありませんが、車齢10年以上ともなるとそれなりに汚れていますね。

車体組付け前にキャブレター単体で、ガソリン漏れとオーバーフローが無いかの点検。

当店では医療用の点滴の部品を使用し、オーバーフローをより確実な方法で点検しています!

今回のように4つのキャブレターをバラバラにした時には同調作業は必須なので、もちろん調整しました。

今回交換したOリング、ガスケット、ホース類。

これらの部品、マニュアルでは定期的な交換が推奨されています。

4年だったか、6年だったか、それくらいの結構短い期間だった気がします。

ガソリン漏れは、下手すると車輌火災に直結するトラブルになり得ますので、早めに対処する事をオススメします!

#一般整備

37回の閲覧
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

© 2015 third place motorcycle service