検索
  • Hirofumi Saito

ハーレー 社外マフラー修理


ハーレーのマフラー修理を業者様よりご依頼して頂きました。

以前、当店で点付け溶接にて修理を行っていたのですが、それでは不十分だったようなので、今回はしっかり修理させていただく方向です。

外れたカラーの側面に穴あけし、その穴を埋めるように溶接。

内側は全周溶接しました。

余分な溶接部分をベルトサンダーやリューターを使用し仕上げて完了。

溶接を含む金属加工を行う際は、作業時間=費用と耐久性のバランスで悩みます。

何でもかんでも頑丈にしても仕方ないし、リスクのある修理を増やすことにより修理不能となる状況は避けたいと思いますので・・・

今回のように、修理完了して数年後に再度不具合が発生することもあるかと思いますが、当然経験値として今後にフィードバックしていきます。

金属加工にかかわらず、経験を通してでしか得られない事も多いかと思いますが、当店は色々なことにチャレンジしていくというスタンスで営業していますので、何でもご相談ください!

#TIG溶接

88回の閲覧
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

© 2015 third place motorcycle service