検索
  • Hirofumi Saito

トマゼリハンドル クラック修理


またまたブログ更新をさぼっておりました・・・

最近は目指せ1日1投稿のインスタをメインで情報発信しておりますので、ぜひそちらをフォローしていただければと思います!

https://www.instagram.com/thirdplace_hsaito/

今回は忘れたころに依頼をいただく、トマゼリ製ハンドルのクラック修理でした。

今のところインターネットで引っかかるのは当店だけのようで、今回も東京のお客様から宅急便で部品を送っていただき修理させていただきました。

当店にとっては見慣れた光景ですが、大体みんなこんな感じでクラックが入ってしまいますね。ハンドルバーの差し込み部分がテーパー状になって固定する構造のため、このような症状が続発しているのではないかと思います。

とりあえず、クラック部周辺をえぐります。

あまり深く溶接すると厄介なことになりますが、それでもなるべく深く溶け込ませたいのでこのような作業が必要かなと思います。

えぐった部分をカバーするようにアルミ溶接。

あとで成型するので、あらかじめそのことを想定しながら進めていきました。

やすり等を使用し粗削り。

この後、サンドペーパーを使用し違和感がない程度に仕上げていきました。

最終的にコンパウンドを使用し、外観仕上げ。

これで表からはどこにクラックがあったかは分かりません。

というより、この時点でうっすらでもひびが見えれば失敗です!

仮組して、再度クラックが入らないか点検。

今のところ、大丈夫そうです。

同症状でお困りの方がおられましたら、ぜひ一度ご相談ください。

#TIG溶接

152回の閲覧
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

© 2015 third place motorcycle service