検索
  • Hirofumi Saito

KX250F 社外マフラー修理


パーク神戸レーシングの選手から社外マフラー修理を承りました。

今年の残り2戦はこれを使用したいとの事で、やれることやってみました。

サイレンサー1

ここは裏からナットがはまり込む構造になっていますが、溶接後の変形によりはまらなくなってしまう可能性を考えて、まずはここから。

ナットをとりあえず点付け溶接。

割れている部分を点付け溶接。

本溶接。

肉盛されている部分を整形→不足部分を肉盛溶接→再度整形。

加工時にはずしていたパーツを装着し完成。

サイレンサー2

写真では分かりにくいですが、上の写真の青マジックの下にクラック。

とりあえず、溶接修理。

最後にエキゾーストパイプ。

溶接→サンダーがけ→溶接で完成。

おかげさまでマフラーに限らず溶接修理のご依頼が増えておりますが、その都度試行錯誤していますので、何かありましたらご相談ください!

できる限りがんばってみます!

#TIG溶接

45回の閲覧
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

© 2015 third place motorcycle service